第13回 多職種による「阪神摂食嚥下研究会」 講演会
『摂食嚥下障害の評価と訓練の実際』

多職種による阪神摂食嚥下研究会として、2回目の教育講演です。今回は、「摂食嚥下障害の評価と訓練の実際」として、東京医科歯科大学准教授 戸原玄先生の講演です。病院から地域へ戻り、退院後安定した生活を送るためには、地域での連携が重要となります。今回、「高齢者の摂食嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究内容なども紹介していただき、経口摂取を支える取り組みについて学びます。

摂食嚥下障害の評価と訓練の実際

伊丹商工プラザ地図


お申し込み

参加者氏名

職種

所属

メールアドレス

電話番号

戸原先生を囲む会
参加 不参加 

備考